アセトンを使わないジェルの一層を残したフィルインジェルネイル

アセトンを使わないジェルのベース一層を残したフィルイン技法

hea (1)

nayami

sankaku ok

実際にパーフェクトフィルインを体験された
お客様の声を頂きました!!

 

d (1)

深爪・噛み爪・爪が薄くても・長持ちパーフェクトフィルインのジェルネイル一層ベース残しは6週間持つ  一層 を 残した fukatume 深爪・噛み爪・爪が薄くても・長持ちパーフェクトフィルインのジェルネイル一層ベース残しは深爪矯正も可能   一層 を 残した パーフェクトフィルインのジェルネイルはとっても長持ち安心・・深爪矯正可能一層 を 残した 深爪・噛み爪・爪が薄くても・長持ちパーフェクトフィルインジェルネイル一層ベース残しは切っても大丈夫一層 残した

ネイルのフィルインとは

b1

フィルインとはネイル技術では “根元を足す技術” のことです。

アセトンを使用せず、伸びてきた部分のみ前処理を行うため、お客様の爪への負担を軽減し、又効率の良い技術提供が可能です。

フィルインの技術は基本的にネイルマシンを使用するため、難易度が高く、ある程度の経験値のある技術者でないとマシンなどのトラブルも引き起こしてしまいます。

そのため、大手ネイルサロンではなかなか取り入れずらい技術であり、個人サロン、個人ネイリストさんがさらなるお客様に対して技術満足度をあげるために、今最も注目されている技法になります。

b2

今までのジェル付け替えというのは、 ジェルの表面を削り、アセトンで溶かして、付いていたジェルを全てオフし、新たにジェルを付け替える方法が一般的でした。

そのため、オフしてからもう一度爪の表面に凹凸をつけるために爪を傷つける工程(サンディング)が必要となり、これを3〜4週間の周期で繰り返すことにより、爪の先端にかけて爪が薄くなるという状態になってしまっていました。

薄くなった爪はアセトンがしみるように感じてきたり、 自爪の状態に戻すとお湯がしみたりなど、そういった理由からジェルネイルをすることをやめてしまう方も少しずつ増えるようになりました。

fill1

sankaku
名称未設定-17

 

fill2 sankaku

4

 

2

最近ではフィルイン技法を導入しているサロンは増えてきました。

しかし、多くのサロンの場合は何回かフィルインを繰り返すと、2、3回目の来店時の時に以前のジェルを長く持たせる事ができず結果的にアセトンを使いオフをしなくてはならない事がほとんどなのです。そのため、完全にアセトンを使わない、ということはできません。

また、フィルインを行ったとしても、3〜4週間の周期だったりと、周期が短く、それ以上綺麗に持たせることが難しいのです。また、すべてのお客様に適していない場合が有ります。

爪に乗せたジェルネイルが完全に伸びきる期間は5〜6ヶ月です。

パーフェクトフィルイン技法は1度乗せたジェルがその間ずっと爪の上に維持させる技法を施しているため、長持ちかつ、手先をがつがつ使っていただいても、爪切り切っても丈夫なのです。

  nobas sankaku
爪が生え変わるまでの期間

 b4

パーフェクトフィルイン技法はジェルを乗せる前の前処理を徹底して行います。

そのため、どんなお爪の方でもジェルの持ちを最大限にさせています。

なので、持ちの悪い方や手作業の多い方、深爪の方など、悩みを持っていたお客様に大変喜ばれている技術なのです。

hyuo

 

sankaku

パーフェクトフィルインジェル 一層ベース残し お勧め

ジェルベース一層を残したパーフェクトフィルイン

ジェル一層ベース残しサロン 深爪矯正 噛み爪対応サロン一層 を残した

お客様の声 (1)

アセトンの危険性kk