アセトンを使わないジェルの一層を残したフィルインジェルネイル

アセトンの危険性

アセトンの危険性  

  ウィキペディアより引用

危険有害性情報として「引火性の高い液体及び蒸気、眼刺激、生殖能又は胎児への悪影響のおそれの疑い、眠気又はめまいのおそれ、呼吸器への刺激のおそれ、長期又は反復ばく露による血液の障害のおそれ、飲み込み・気道に侵入すると有害のおそれ」、MSDS に「眼の刺激性、中枢神経への影響あり」と表示される。吸引すると頭痛、気管支炎などを引き起こし、大量だと意識を失うこともある。

経口摂取および、または吸引された場合、低い急性および慢性毒性を持つことが一般的に認識されている。空気中の高濃度アセトン(9200 ppm 前後)の吸引は、早ければ5分以内でヒトの喉に刺激を与えた。濃度1000 ppm を吸引すると、1 時間未満で目と喉に刺激を与えたが、空気中濃度 500 ppm のアセトンの吸引は、2 時間の暴露後もヒトに刺激症状を引き起こさなかった。発癌物質や変異原性化学物質とは見なされておらず、慢性神経毒性作用の懸念もないとされている。

 

爪への影響     

・爪が乾燥し、パリパリになる。     
・折れやすくなる。     
・二枚爪になる。     
・爪を劣化させる。          

アセトンからは発がん性物質は検出されていませんが、
アレルギーになるなどの危険性は十分にあります。

アセトンは皮膚から浸透し血液中から体内に入りますが
人間の体は体内に入ったアセトンを肝臓で分解し体外に排出することができます。

しかしながら、
アセトンは日常で使用する物(洗剤など)に多数使われていることもあり、
過剰にアセトンが 体内に入ってしまうと
アセトン中毒を引き起こす場合もまれにあるそうです。

できるだけ使用しないということに越した事はないかと思われます。

お客様の声 (1)

アセトンの危険性kk